かまち(框)は、玄関にあります。かまちとは、靴を脱ぐ場所と室内の床の境にある、少し幅の広い横木(よこぎ)の事です。
かまちは場所柄、キズや汚れが付きやすい場所です。ですが、かまちを新しく交換することは、時間や費用もかかり現実的ではありません。
このページでは、専用建材を使って、かまちをリフォームした事例を紹介します。

塩ビのかまちでリフォーム

塩ビのかまちでリフォームした事例です。床をウッドタイルで施工した際に使う「塩ビのかまち」という専用建材があります。既存のかまちの上に貼って、新しいかまちに仕上げます。薄い板状の建材で、くの字に折れ曲がって、角もきれいに仕上がります。
施工も比較的簡単で、短時間で作業ができます。

かまちの場所は靴を脱ぐ場所と室内の境にあります

新しく塩ビのかまちを貼ってリフォームしました

かまちのバリエーションはいくつかあります。

ポリバレンテインテリアの特徴やメリットは「HOME」をご覧ください。