「への字押さえ」の取付けをした事例です。への字押さえはアングルの一種で、一般に、部屋の出入り口などに使用します。そのほとんどが見切り材として使用され、床材をスッキリと収めます。
ちなみに、現場ではこの建材のことを「への字」と省略して言っています。
<主な使用場所は>

  • 部屋の境
  • 違う建材との境
  • 段差調整が必要な場所

木目の「への字押さえ」

今回は少し変わったへの字押さえを選びました。木目のへの字押さえです。木目調のポリエステルフィルムが貼られたアルミアングルです。カラーバリエーションがあり、今回使用した色はホワイトオークです。
床材の色と良くなじみ、全く違和感がありません。施工していて、とても気持ちが良かったです。
ノーマルなへの字押さえより価格が少し高いですが非常に良い仕上がりになりました。
「安いへの字押さえに塗装する。」と言う手もなくはないですが、塗装直ぐに剥がれそうなのでやめておきましょう。

廊下と部屋の境にへの字押さえを取付け

廊下と洗面所の境など、床材の向きが変わる場所にへの字押さえを取付け

ポリバレンテインテリアの特徴やメリットは「HOME」をご覧ください。